カテゴリ:50歳からの人生( 6 )

この日曜日に久しぶりに交通事故の相談をしたいという人が来る予定になっているようです。

若いころは知らないことが普通だった。それが今まで酒を飲んだくれてこの年になっても知らないことだらけである。

それが今とても恥ずかしい。55歳までにはこれぞ専門という知識を持っていたいが、今は年を食ったおいぼれである。

さあ、愚痴をつぶやいているだけでなく勉強しよう。
[PR]
昔、業者に作ってもらったホームページがその業者の裏切りで、貸金業者のホームページに切り替えられてしまって、しばらくの間事務所のホームページはないままになっていた、その間に、HPは弁護士の広告でいっぱい、ついにはテレビ広告も出てきた。
それに比べて私の宣伝は相も変わらずタウンページ一本。
さすがに息が切れてきた。
HPを作って月に5,6件は事件が迷い込むようになってもらわないとじり便状態である。
母の年金で暮らす羽目になる。
そこでホームページは何とか作ってもらったが、その宣伝が問題である。

こんな問題になるとひいらぎさんや二郎さんはちょこちょことやってしまうのであろうが私は全くの素人である。

4社ほど見積もりに来てもらってそれぞれ各社の特質を説明してもらった。
しかし素人の私にはその説明すら良く分からない。

結局、今日のところは一番安くシンプルな結論を提示してきた会社に頼もうかと思って終わってしまった。

だって他は何億円もの何千、何億もの広告を得意をするようなところばかりだったもの。

それでもいくら安くつくといっても初期投資は年に600万円ほどかかるみたいである。

それで売り上げが伸びなければうちはおしまいである。

来年の今頃も生き延びて、ブログが書いていられますよう。
[PR]
測定なし

10:00 ミルク マンゴープリン

1:45 赤魚と野菜のみそ仕立てセット(スマートデリ)

19:45 スシローにて寿司


薬飲んだらあまりうろうろしないようにします。


しかし、なぜ皆様には私の画期的アイデアがわからないのだろう。

今日は一錠も飲んでいないが、素晴らしきアイデアに感動しております。
[PR]
昔は、人生50年、この年になっていればとっくの昔に隠居生活を遅れている年代である。

しかし弁護士になって16,7年になるが、今の私は、新人弁護士のようにドキドキハラハラ仕事をしている。弁護士になって数年の間以外は、酒浸りだったせいだ、それでも儲かっていた時期もある。でも手続きをしてくれていたのは事務員さんだ。私は弁護士という名だけで稼いできた。

しかしそれも酒がひどくなると終わりに近づくことになる。私自身が事務所にも出れなくなってしまったからだ。弁護士界にはとっくの昔にアル中であることがばれている。仕事がほしくてもアル中に仕事を任せてくれるほど世の中は甘くない。

私は、弁護士会や裁判所の仕事を期待することなく、自分自身で依頼者を求め、一見の客に生きる道をかけてみた。しかし、世の中はそう甘くない、事務所の経費をうわまる収入を得ることはなかなか困難である。私は足りない経費を預金の取り崩しで賄っている。預金と言っても儲けていた時期に自動車に相当つぎ込んだからあと残りわずかである。

私の事務所はいつ破たんしてもいいのである。それでも少しずつ依頼が入っているので何とか持っている。

私の同期はみな脂の乗り切っている世代である。わたしだけが大きく後れを取っている。生活基盤にも何の盤石性もない。

50歳になって思うのだが、この際、1からやり直してみようと思う。まず昔の司法試験の知識を引っ張り出し、普段頻繁に相談に受けている事項(離婚等)の知識を深くし、そして新たな分野の勉強をするのだ。仕事自体が少ないので仕事時間を差し引いても1日12時間勉強すれば、5年も経つと相当変わるだろうと思う。それまで事務所を維持できればの話であるが。

あと12時間は運動の時間、生活に必要な時間として使おうと思っている。

このブログは突如閉鎖されるかもしれない、その時は、私の試みがくじけた時だと思ってほしい。

続く限りはまだ私があがいているのだと思ってほしい。
[PR]
今日は、私の50歳の誕生日である。
今から約90日さかのぼる5月1日に50歳には70キロになっていると宣言したが、宣言通り私は70キログラム近くまで体重を落とした。

有言実行である。

花の50代、この調子で仕事も恋も我が世の春を謳歌したいものである。

(なおこの投稿は場合によって8月8日までに自動的に削除され、かんたは反省モードに入ることになる)
[PR]
87.10キログラム

何のかんのと言っても、50歳は目前である。

二十歳の時は何の感慨もなかった。

三十歳の時は、衝撃波が、走るかろ思ったのが、これも淡々と超えた。

四十歳の年ねいに関心が行かないほど、ぼろぼろであった。

さて50歳は、寝て起きたら相変わらずの日が続くのであろう。

いいや。そうとなるまい。

私は、かわる、ふ、ふ、ふ。















[PR]
スペルボーン(Spellborn)