カテゴリ:法律談義( 15 )

今、ある高齢者から、昔の年金の取り戻しの相談を受けている。

残念ながら、そのような訴訟は起こしたことがない。

おまけに相談者は年配の方なので、問題の所在を聞き出すまでに時間がかかる。
さらにおまけに年金でぎりぎりの生活をされているので、着手金がないという。

初めての訴訟であるし、私は仕事に忙しくて時間がないというわけではない。

いったいどのような請求の趣旨を書けばいいのかすらわからないが、

持ってきたこれまでの経緯を書いた書面を見て(これが細かくて余計なことがいっぱい書いてある)、

気が向けば赤字覚悟で訴訟をしてみようかとも思っている。

もし訴訟おこし、勝てたらまたご報告いたします。

ところで被告は誰だ?厚生労働省だろうか。

誰か訴訟を起こしたことがあるという人、知っていることを教えてください。
[PR]
by kanta5988 | 2009-04-01 19:51 | 法律談義
今日相談にみえられた高齢のおばあさん。

50年間妻子ある男性と付き合っていて先立たれたらしい。

50年のうちにはお金のあったころもあるが、不倫相手の夫が騙されたりしてお金がなくなったらしい。

そこで今は不倫相手の男性と一緒に住んでいた家の敷金を正妻から返してもらおうと訪れたのである。

私が介入するとすぐ問題は解決すると思っていたらしいが、それは訴訟をしないと返してもらえないと思いますよと言いますと、では報酬は取れた額からという。正妻の側からすると素直に渡すとは思えない。
また訴訟の着手金も今は生活保護で七万数千円をもらっているだけで、出すことはできない。

気の毒に思ったが私の事務所では処理できない弁護士会で法律扶助を受けて弁護士を雇いなさいといって、逃れてきた。
私の事務所は町弁でいろんな人が来る、多くは、処理ができない。

歯がゆい思いである。
c0141627_20445487.jpg

[PR]
by kanta5988 | 2009-03-28 19:16 | 法律談義
昨日保釈申請した被告人がやっと今日保釈された。

昨日、保釈申請した際、携帯の番号を聞かれ、私は裁判官と話するつもりだったが、
電話がかかってきたのは検察官からであった。
質問内容は、この事件は争わずに1日程度で終わりますかというものだった。
もともと軽微な窃盗で、被告人のことを考えても、早期解決というのが私としても希望だったのだが、検察官から保釈にあたって事件を争いませんね。という質問は心外であった。

争うといったなら保釈は望ましくないという意見を裁判官に提出する予定だったのか。

事件を争うか否かにかかわらず、①罪証隠滅の恐れなし②逃亡の恐れがなければ、権利として保釈を請求できるのが法の精神ではなかったのか。

ちょっとムカついたのであるが、ここで意地を張っても被告人のためにはならないので文句は言わずにぐっと我慢をした。

で、無事、本日11時ころ、警察署の代用監獄から被告人が保釈された。

まずはめでたし、めでたしである。

保釈されるメリットとしては、直接面談して、被告質問と弁論要旨作成の準備ができる点である。これはこちらの都合に合わせて何時間でもできるのでありがたい。

もう一つのメリットは弁護人についてのメリットである。それは保釈金を預けるのは弁護士名で行うので、保釈金の返還も弁護士になされるからである。そこでさらに弁護人から保釈金を依頼者に返す時には必ず報酬を差し引いて返すという具合になる。
訴訟で勝っても報酬を払わない人はいる。ところが保釈金が積んである限り必ず報酬金が確保できるのである。
これは弁護人にとってとてもありがたいことなのだ。
[PR]
by kanta5988 | 2008-12-12 13:31 | 法律談義
さて本日は長らく縁のある女性が万引きをして警察につかまり、私の名前を出して、接見を求めてきましたので、某警察署に接見に行ってまいりました。

長らく付き合いがあると言っても最初は、母親の依頼によるその女性の養育費の滞納に基づく給料の差し押さえ、次は詳しくいうと特定されてしまうので端折りますが、今日の女性の慰謝料請求の訴え、そして前回がその女性の覚せい剤の自己使用の弁護、今回がその女性が万引きして捕まったということです。

お得意様と言ってはなんですが、民事は除いて、刑事事件の弁護を複数するのはあまりうれしくないものです。

とりあえず、無料で、警察署に行き、事情を聴いて、母親にその旨告げましたが、母親が言うには何度となく繰り返すという愚痴でした。

私選で依頼があると私も収入面でメリットがあるのですが、今回の万引きは執行猶予中の万引きですので、まず実刑でしょう。保釈も困難かと思います。

ですから国選弁護を依頼される可能性が高く、今回の接見は無駄骨(無報酬)かもしれません。ただご指名があったことを喜ぶべきかなというところにしかないかもしれません。

進展があればまたご報告いたします。
[PR]
by kanta5988 | 2008-12-09 22:46 | 法律談義
先日に相談にみえたのは、先週の金曜日の午後であった。
その人が言うのには、市のクリーンセンターで中古自転車を買い、父親が使用していたところ、自転車窃盗として警察から呼び出されたということであった。

盗難防犯カードは張っていなかったのかというと、3000円くらいの自転車なので盗まれてもかまわない防犯登録にかかる500円ほどの費用が惜しいと思いそのまま受け取ったそうです。

その意味で防犯登録制度は、盗まれた自転車が、帰ってくる可能性を担保するよりも、その自転車が自己の自転車である旨、立証できる方がその意味が大きいと思います。

私も大学生時代、乗っていた自転車を桜田門の警視庁前で止められ、ほら、窃盗犯ひとりみっけという感じでにやにや笑いしていた警察官に呼び止めら得たれたことがあります。その時は防犯登録カードをしっかり張っていましたが、警察官からはこのチャリンコ泥棒という態度で当初セッ問い合わせをしておりました。しかし、私が大学の学生証を出した段階で、にやにや笑いは止まり、登録センタに問い合わせたところ、私の自転車であるとわかったのでしょう。すいませんと言われて無罪放免と相成りました。

私の依頼者の場合もお金をケチらずに、防犯登録しておけば、要らぬ疑いをかけられて、弁護士などに相談をしなくてもよかったのです。

皆さん防犯登録はその自転車の所有権を証明するというところに最も大きな意味があると思います。皆さん新車を購入される際は登録されるでしょうが、特に中古を買う際は必要不可欠であります。1000円の自転車でも防犯登録しましょう。
[PR]
by kanta5988 | 2008-12-03 13:30 | 法律談義
今日の朝日新聞の第一面で、大学生の3割に奨学金を貸している日本学生支援機構が、返済金を滞納している者に対して、信用情報機関へ滞納情報を提供することになったという報道を目にした。これにより滞納者は、銀行ローンを組めなくなったり、クレジットカードが作りづらくなる可能性があるとのことである。

私が大学へ行く際も育英会に借り入れを申し込んだことがある。しかし父の収入が800万円以上あったため、担当者からこれじゃ無理だよと言われ、実際に支給はされなかった。

父はギャンブル好きのアル中であったため、税金の申告額と家計へ渡す額には、相当差があったのであるが、そんなことは関係ない、育英金は貸してもらえなかった。

日本学生支援機構がそんな態度に出たことは、相当滞納額があるのであろう。

学校の給食費を払わない親が多いそうであると聞くがそれと同じで、返済しなくても、やくざがやってくるわけでもない、お金は払いたくないという人が多いのであろう。

しかし、信用情報機関に登録されると、本当にローンが組めなかったりクレジットカードを作れなくなる恐れがある。
私の経験上も、引っ越しをきっかけに丸井のローンを放置してしまい、新たにクレジットカードを作ろうとすると作れなくなってしまっていてどうしようと相談に来られた相談者がいた。

このブログを見ている人で今から大学に行こうとしている人はすくないであろうから、日本学生支援機構がどうしようと関係ないであろうが(まだ返済が残っている人は、遡って適用される可能性があるので要注意であるが)、今使っているクレジットカードの返済額が少ないから大丈夫と安心するのは危険であると思う。

現代社会においてクレジットカードは必要不可欠と言ってよい。

皆さんお気をつけください。
[PR]
by kanta5988 | 2008-10-10 15:50 | 法律談義
犯罪者の弁護を受けた弁護人の大切な役割として、被害弁償を行うことがある。

被害弁償を行うことによって告訴罪(強姦・名誉棄損など)は、告訴を取り下げれば、検察は起訴ができなくなり、無罪放免となる。

普通の犯罪でも被害者が謝罪を受け入れたということで有力な情状弁護となる。
だから、弁護士は、被疑者、被告人に金銭的な余裕があれば、なんとか被害弁償ができないかを試みるのである。

被害弁償は被害者にとってもメリットがある。刑事と民事は現行法上別の裁判であるから、新たに別途、民事訴訟を行わなくても、弁償金が取れるし、軽微な事件の場合、民事よりより高い弁償額が取れるからである。
お金を受け取けとってもとらなくても、執行猶予がついて無罪放免と同じ結果なら、お金をもらったほうが有利とも考えられるのだ。

痴漢のえん罪事件で、騒ぎ立てる女性がいるのは、被害弁償が目的である。

反面、被害弁償に関してはお金がなんぼのもんじゃ、できるだけ重い罪を償ってほしいと思われる方もいる。刑が重くなるほどお金の問題ではないと考える人が出てくるのは当然であろう。

当然の感情である。

その当然の感情を前提として、弁護士は被害弁償の話を持ちかけなければいけない。別に弁護士自身が罪を犯したわけではないが、被疑者、被告人と一緒になって謝らなければならないのだ。
これはちょっとつらいものがある。でも仕事であるから謝る。

でも謝りたくても謝れない場合もある。被害者が交渉を拒む場合である。交渉の台に乗っていただけなければ、被害者にとっても有利な面もあるのですよなどと説得することもできない。

これが、最近載せた被害弁償の事例の案である。事案の内容は書けないが、私としては、現金を受け取っていいとも思える。それに拒む理由もわからない。

ストレスがたまる事案である。
[PR]
by kanta5988 | 2008-07-13 15:31 | 法律談義
被害弁償をすることを頼まれている人がいます。

犯罪の詳しい内容は把握していないのですが、ネットで相手方を中傷したみたいです。
それで名誉棄損で訴えられようとしているのです。

警察・検察での取り調べはすべて終わり、あと被害弁償さえできれば不起訴となる可能性があります。

ここ2、3日被害者側の自宅に電話しているのですが、本人は出てきません。

弁償額については、一括なら50万円それを超えるのなら分割でというのが本人の希望です。

でも相手方が話に乗ってこなければ、弁償も何もできません。

私としては50万であればいい金額であり、受け取ってもよいと思うのですが、その話も出来ないのであればどうしようもありません。

このままでは起訴されるでしょう。むろん実刑にはならず執行猶予が付くと思うのですが、本人は会社をもし首になったら、自殺すると言っています。

これはこれで私としても困るわけで、自殺すると言い張るのならその前に辞任してしまいたいと思います。

執行猶予が付くのだから会社にばれる可能性も少なく、大丈夫だと思うのですが、なんとも言えません。

困っております。
[PR]
by kanta5988 | 2008-07-05 11:11 | 法律談義
当番弁護士とは、被疑者段階の刑事被疑者に、一回に限り、無料で弁護士が警察等拘留場所に赴くという制度である。

私は以前、当番弁護士に登録していたが、あまりに割が合わないので(それにアル中であるという理由も加わる)現在は、登録していない。

今日、午前中、刑事弁護を依頼したいという依頼者から電話があった。

それで今日も仕事が入っていたので、午後1時に、電話をかけていた人と会うこととした。

電話をかけてきた人は、被疑者の母親であったが、知らないうちに弁護士がつき、後は知らないと言われたそうである。
私は当番弁護士であるとすぐわかったのであるが、本人から依頼のない限り当番弁護士の方から、被疑者に会うことはない。と説明した。弁護士の誤解であろうとも話した。

そこで少しおかしいと思ったが、費用を払うとおっしゃられるので、今日の仕事が終わった後、警察署に赴いて、本人に会いますと言った。

で、本人から事情を聴いたのであるが、私には守秘義務があるのでこれ以上言えない。

言いたいことは、その当番弁護士は、刑事事件は得意ではないので、他の弁護士に依頼してほしいといったとのことである。
刑事弁護ができなければ、当番弁護士になど名乗りを上げるべきではない。
一体何を考えているのかと思った。

以前、弁護士増員の問題を上げたが、刑事弁護もできない。という弁護士も出てきたのである。

こんな事例は多々あると思う。

弁護士増員問題ありである。
[PR]
by kanta5988 | 2008-02-02 19:35 | 法律談義
今日、任意整理を行う予定の人の債権会社から電話があった。

受任通知で記載した住所のその以前の旧住所を知りたいと言うことであったので、本人に確認のうえ、カード会社に電話をした。

普通に、住所を連絡しただけであったのだが、オペレーターの話し方に何か中国訛りのようなものを感じた。

もしかして電話の先は、中国人なのであろうか・・・?

24時間対応だと、電話先が海外と言うことも考えられるのであるが。

話は変わって、私が独立をして初めて事務員を募集したときのことである。
仕事はなかったが、対面上、事務員を置いておこうと無理して、タウン誌に求人広告を出したのである。

最終的に、近くの大学出身の女性に決めたのであるが、その際、中国訛り丸出し、明らかに、日本語は不得手と言う方からどうしても雇って欲しいと粘られたことがある。

しかし事務員は事務所の顔である。そこがまともな日本語を話せなければ依頼者は皆逃げていってしまいます。

そこで非情ではありましたが断固としてお断りした経験があります。

相当しつこかったから、仕事には困っていたのだろうけど、私にも私なりの事情があります。
[PR]
by kanta5988 | 2008-01-29 15:00 | 法律談義
スペルボーン(Spellborn)