<   2009年 03月 ( 33 )   > この月の画像一覧

ジョーバをやりながら見るためのテレビが届いた。
早速、テレビをつけてやってみた。
ジョーバの強度はマックスである。
やはりテレビを見ながらだと気がまぎれるので乗りやすい。
しかし強度マックスを1時関するのはしんどいだろうな。
DVDを借りてジョーバを乗りながらの視聴の訓練をしないといけない。

今日は、朝はサントリープロテインウォーター、昼は、ダイエット用の冷凍食品である。
これが美味ければいいのだか、冷凍食品という限界があるので、美味というわけにはいかない。
夜は明治のプロテインダイエットだ。これはミルクに大豆プロテインを溶かして飲むというもの。

順調に体重が減ってくれればストレスもたまらないだろうが、これだけやって体重が横ばいだと、

ストレスに負けてリバウンドしかねない。

まず4月の目標は5キロ減だ!

(ノエルさんジョーバだけで10キロ減を図ろうとすると尻の皮がはげかねないよう)
[PR]
松田翔太と中村獅童の「細マッチョ」軍団と、謎のマスクマン「ゴリマッチョ」軍団が、
「Do The Hustle」のメロディに合わせて、はないちもんめのようにダンスを踊る
サントリー「プロテインウォーター」CMが最近流れていますが、サントリー プロテイン ウォーター
が現在の私のお気に入りです。
カロリーは500ccで45カロリー、これに小さなトーストというのを朝食としようとしてます。

味はカルピスの味、結果報告はまた後日に。

庭に咲いたオキザリス(ちょっとピンぼけだがカメラの性)
c0141627_10283680.jpg

[PR]
今日、自宅の2階用にDVDリコーダー付きテレビを買いました。
私の自宅は、母と2名の同居で別にテレビを取り合うこともないのですが、
2階に置いてあるジョーバに乗っている間にテレビを見るために買ったのです。

ジョーバは清水ののぶさんは乗っていても飽きないらしいですが、
私は、5分もしないうちにいらいらし始めます。

テレビではジョーバはあまり効力がないとのことですが、強度をマックスにすると、
結構、運動している感じがします。
特に私のように脂肪だらけで筋力の弱っている人間にはいいリハビリだと思うのです。

そこで1時間くらいはジョーバに乗っていてかつ飽きないためにテレビの購入となったのです。
できるだけ安くてかつDVDも見れる物をと思って買いに行ったのですが、
最初思っていたような小さくてコンパクトなようなものはなく、価格も10万円を超えてしまいました。

今の私の経済状態では多少きついのですが、でかいジョーバを放置するのももったいなく、
少しでも痩せるのに役立ってくれたらと思って購入を決意しました。

ああ、痩せますように、痩せて金がもうかりますように、元が取れますように、パン!パン!
[PR]
by kanta5988 | 2009-03-29 20:06 | 雑談
今日相談にみえられた高齢のおばあさん。

50年間妻子ある男性と付き合っていて先立たれたらしい。

50年のうちにはお金のあったころもあるが、不倫相手の夫が騙されたりしてお金がなくなったらしい。

そこで今は不倫相手の男性と一緒に住んでいた家の敷金を正妻から返してもらおうと訪れたのである。

私が介入するとすぐ問題は解決すると思っていたらしいが、それは訴訟をしないと返してもらえないと思いますよと言いますと、では報酬は取れた額からという。正妻の側からすると素直に渡すとは思えない。
また訴訟の着手金も今は生活保護で七万数千円をもらっているだけで、出すことはできない。

気の毒に思ったが私の事務所では処理できない弁護士会で法律扶助を受けて弁護士を雇いなさいといって、逃れてきた。
私の事務所は町弁でいろんな人が来る、多くは、処理ができない。

歯がゆい思いである。
c0141627_20445487.jpg

[PR]
by kanta5988 | 2009-03-28 19:16 | 法律談義
LUNAママさんが、オフ会を企画されているようですね。

私も行きたいです。でも肥っていて恥ずかしいからいかない。

私がオフ会に参加したのはもう5年ほども前のことになるかなあ。

その時はそんなに肥っていなかったので、体型は気になりませんでした。

ただどんな人が来てどんなことになるのだろうというのでドキドキもので行きました。

場所は新神戸駅近くで、バーべキューをするというもの。

待合場所に行って初めてあった人は、故健忘症さんでした。子供さんを3人ほど連れて遊ばせておられました。

予め意見交換の広場への投稿を全部読んでおいたので、文字上だけの人にリアルに会えたことは感激でした。それにおなじアル中同士ということでくつろげもしました。

私は、今回のオフ会は辞退しますが、まだオフ会に行ったことがない人にはお勧めです。
まだ定員に達していないようだから、時間に余裕にある人は出かけられたらどうでしょう。
ROMだけの人もいいと思います。

いずれかんた主催のオフ会も催します。その時はいらしてくださいね。
[PR]
by kanta5988 | 2009-03-27 23:00 | 雑談
『子の曰く、吾れ
  十有五にして学に志す。
  三十にして立つ。
  四十にして惑わず。
  五十にして天命を知る。
  六十にして耳順がう。
  七十にして心の欲する所に従って、
  矩を踰えず。』              (為政編)

私は今年天命を知るはずなんですが、まだ立ってもいません。
立つのは55歳、60歳には迷わずとなりたいです。

弁護士としてどこまで生きていけるのか不安でなりません。
倒れずにうまく生きていけるといいのですが。
しかし、23歳頃にアル中になってから何とかやってこれたのだから、
これからもやっていけるだろうと、思い込みたいです。

しかし不安は不安です。
大企業の職員や公務員がうらやましいです。

23歳くらいのころ、弁護士ではなく公務員を目指せばよかった。

検察官にもなれた機会はあったのですが、これは放棄してしまった。
検察官になっていたらアル中からの回復も早かっただろうにと思います。惜しかった。

まあぐだぐだ言っていてもしょうがありません。少しでも売り上げを増やして収入を安定させるしか道はありません。

でも宝くじは買うけれど・・・当たれば楽になるだろうというのが私の夢です。

次は「春爛漫くじ」4月1日 水曜日から全国で一斉発売です。

当たれば前後賞合わせて一億円、ああ、一億円あればどんなに楽だろう。

しかし、論語と銘打ちながら論語とは全く縁のない繰り言だなあ。
[PR]
by kanta5988 | 2009-03-26 21:12 | 人生
小学校3年生までは大阪市にいた私であるが、小学校4年生の時、父親の仕事の都合で岡山市引越しすることになった。私が東住吉区にいた時代も、私の家から少し離れると田圃、畑が広がっていたが、岡山市はあたり一面、稲とイグサの田んぼだった。

家は、横向きに並んだ一軒家が5,6軒並んでおりその奥に駐車場があった。

東住吉区では、犬が殺されたこともあり、それ以降、犬を飼ってもらえなかったが、岡山となると話は別である。それぞれの家の間は小さいながらも庭となっており、そのスペースに犬を飼うことができた。

そこで私は犬を飼いたいと父親に頼んだ。父親が連れて帰ってきたのは秋田犬の子犬であった。

我が家で初めての血統書つきである。血統書を見ると〇〇姫、〇〇丸とお姫様かお殿様の名前のような名前が並んでいたが、我が家の愛犬のところには次郎とあるだけである。そう名前は次郎と名づけた。血統書上だけを見るを明らかに名前が貧弱であることが小学生である私にもわかった。
ちょっと悲しかったが、次郎はいい子であった。

散歩には連れて行ったであろうが、どこをどう通ったのかは覚えていない。
ただ周りは一面田んぼだらけである。散歩道には苦労しなかったはずである。

次郎について覚えているのは2点だけ、それ以外は記憶にない。よほど岡山での友達と遊ぶのが楽しかったのであろう。
c0141627_16533477.jpgその一つは給食で出されたレーズンパンからレーズン部分を取って、次郎にあげていたことである。私は当時、レーズン味は好きだったのであるが、レーズンそのものは嫌いだったのである。なぜ嫌いになったかは後日母親から話を聞かされて分かった。それは私が幼少のころレーズンを一袋食べてしまい、おなかが痛くなって、レーズンを食べたことを散々怒られたことにあるらしい。怒られたことをすっかり忘れてしまった私は、レーズン味は好きでも、レーズンそのものは嫌いになってしまったらしい。そこでレーズンパンが給食に出るとパンを持ち帰って、レーズン部分のみ次郎にやり、その他の部分を食べていたのである。

あともう1点、次郎について覚えているのは、彼が極度な車嫌いであったことだ。
車に乗せるともう大変、はぁはぁと息をつき、口からはよだれがたら~と流れ落ちるのだ。
だから車はしばらくすると彼の唾液だらけになる。

(つづく)箕面編
[PR]
by kanta5988 | 2009-03-25 16:56 |
私は神戸市須磨区で生まれたのであるが、そこでは昨日書いたボギーがいた。
ただ私が2歳頃、大阪市住吉区に引っ越したところは、文化住宅の2階であったので犬など買えなかった。
私の家で再び犬を飼い始めたのは、大阪市東住吉区に引っ越ししてからである。そこの住居はは父の会社の人が住んでいた2階建ての一軒家だったので犬が飼えた。
そこにはまず白犬が迷い込んできて母がハムをやったら居ついてしまって、何度犬を放しても元に戻ってくるので、とうとう飼うことになった。名前は白犬だから「しろ」、よく炬燵に潜りこんでいたのを覚えている。父親が鼻の上にクッキーを載せたら、よしと言うまで食べなかった。そしてよしというとうまい具合にクッキーをくるりと鼻の上で回して食べていた。
この犬は家の目の前を走っていた近鉄電車に轢かれてばらばらになったそうである。子供だったから詳しいことは聞かせてもらえなかった。遺体も見せてもらっていない。
他に私の記憶によると他に2匹の犬がいた、母親に聞いても、覚えていないのであるが、一匹は茶色の大きな犬で、餌を食べようとしていた時に、弟が近づいたら、弟を噛んだので、父が怒って、車で犬を大阪の長井公園に行き、捨ててきてしまった。アル中はろくなことをしないものである。
あと母の記憶にはないが、もう一匹の犬を飼っていた。この犬は、行方不明となり、最終的に近所の路地で血だらけの首輪が見つかった。この犬は多分殺されて釜ヶ崎で焼き鳥になったのだろうと私は聞いている。今横にいる母はこのことを全然覚えていないが事実である。母の記憶が不確かなので私も犬を飼った前後関係は思い出せない。
ともかくなんやかんやで東住吉区に住んでいた時の大半は、犬と一緒だった。

つづく(岡山編)
[PR]
by kanta5988 | 2009-03-25 01:08 |
私が生まれる前に、両親はボギーという犬を飼っていました。
ですから、私が生まれた時には既に犬を飼っていました。
犬の名前は、ボギーでした。ただ名前はボギーですが雌犬だったようです。
ボギーは私が赤ん坊だった頃、知らない人が来ると唸って私を守っていてくれたようです。
両親が結婚してしばらくして住吉区のアパートに移り住むことになり、ボギーは叔父の家で買われることになりました。しかし、ボギーは何度ももとのうちに帰ってきたため、最初の家の大家さんが飼ってくれることとなりました。わたしは3歳頃、その大家さんの家に、ボギーに会いに行った覚えがあります。
ボギーの名付けの元となった『ボギー大佐』(ボギーたいさ、Colonel Bogey March)とはケネス・アルフォードが1914年に作曲した行進曲でして、アルフォードの代表曲で日本でも学校の運動会などで演奏されるため、非常に有名な曲であります。また、映画『戦場にかける橋』においてマルコム・アーノルドによって編作曲され、『クワイ河マーチ』として世界的に知られるようになった曲です。



この歌ないし映画は誰でも知っているでしょう。
私が犬好きなのはこの子供のころの体験が大きいでしょう。
[PR]
by kanta5988 | 2009-03-23 20:59 |
大学に入学したころは、自転車に乗っていなかった。

いつ頃からまた自転車に乗り出したのかも覚えていない。

いつごろかどこかの自転車ショップでショップメイドのサイクリングカーを買った覚えがある。

私が三田に住んでいた時代であろうか。

私は東京ではもっぱら長距離の散歩をしていたので、自転車については覚えていない。

覚えているのは東京タワーの近くの八百屋で店から飛び出してきた犬を引いたことと。

警視庁で自転車泥棒と間違われて職務質問を受けたことくらいである。

後者の職質についてはすでにどこかに書いた覚えがするのでもう書かない。

犬は、歩道をスピードを出して走っていた時、突如、横から犬が飛び出してきて、足か体かがスポークの間に挟まれてしまったのである。犬は、キャンキャン泣きながら、八百屋の奥に逃げ込んでいったが、こちらはけがをしなかったかどうか気になって、八百屋に入って行った。それで「犬、大丈夫ですか」と声をかけたのであるが、八百屋のおかみさんは、どうってことないって、飛び出すのが悪いのだからといって、こちらに文句をつけようともしない。
そこで、気になりながらも、八百屋を後にした。

あと自転車でどんなところを走っていたかは覚えていない。

東京ではただひたすら歩いていたことしか覚えがないのである。
またその時買った自転車をいつどのように処分したかも覚えていない。

次は司法試験に合格して神戸に帰ってからの話である。

(体重も計っていないし、食べたものをかかないのも何か気が抜けたような気がします。リバウンドしそうだなあ。)
[PR]
by kanta5988 | 2009-03-23 12:43 | 自転車
スペルボーン(Spellborn)