アルコール依存症に向けて(22)

新年明けましておめでとうございます。

本年もl当ブログをご覧いただきありがとうございます。

さて本年最初は、去年から書く書くと言っていたアルコール依存症に向けての最終章です。

23歳ころぐらいにはすでに私はアルコール依存症になっていたのではないかということはすでにお話しいたしました。今現在、当時の記憶からアルコール依存症スクリーニングテストを試してみますと、完全にアルコール依存症になっていたことがわかります。

ただ当時は自分自身がアルコール依存症であるとは考えもしませんでした。アルコール依存症という言葉すら知らなかったのかもしれません。

ただ自分自身がおかしくなってしまったことは感じていました。
またこれもお話しいたしましたが、私には友人と言える人間が誰もいないまま、東京に一人で暮らしていました。

誰にも相談できず私は途方に暮れておりました。
そこでなんとかならないものかとD・カーネギーの「道は開ける」などの本を読み漁っていました(司法試験に合格し、神戸に帰る際、それらの書物のうち気に入っていたものを段ボール一箱に詰め込んだのですが、どこに行ったのか分りませんので詳しい書名等はここでは書けません)。

しかしいくら本を読んでも、一人ぽっちのアル中がどうしていいかはわかりません。
ただ私にできることは本を読むことぐらいだったのです。

ある時、朝から落ち込んで、散歩を兼ねて、青山ブックセンターの六本木支店まで歩いて行き、仏教関係者の書いたその手の本を買ったことがあります。朝一番の客がそんな本を買ったのが不思議だったのでしょう。レジのおばさんにじろじろと様子を見られました。

24歳ころであったのは記憶にあるのですが、この頃は、ローマの五賢帝の一人であるマルクス・アウレリウスの書いた自省録を気に入った文書に線を引きながら読んでいたことを覚えています。

でもそんなことをしても何の解決にもなりません。

24歳の時の冬、散歩で皇居周辺を歩いていた時、冷たい風がさっと吹き抜けたことがあります。私はその時、確かに、風が自分の胸の中を吹き抜けたのを感じました。私の胸は空洞だったのです。

またビールを飲みながら、自己憐憫にふけり、涙していたこともありました。そのとき、自分の口が意図しないのに、パクッと開いてしまう現象に見舞われました。何なんだろうと不思議に思っていましたが、2,3度続けて口がパクッとあいてしまうのです。しばらくして分りました。私は口をあけてわんわんと泣こうとしていたのです。でも子供のころと違って口をあけて泣くことはもはやできなくなっており、口だけが無意識にパクッとあいていたのです。

大学を辞める決心はつかず、授業には出るようになっていました、朝、住居から、聖坂を下って三田キャンパスに向かう途中、くじけそうになる想いに対して、私は、このまま倒れることがあっても自分は前向き気倒れてやると思い、足を運んでいました。

あれからすでにもう24年が経ちました。
今も私は、倒れるのなら前向きに倒れてやろうと思っています。
[PR]
スペルボーン(Spellborn)